未分類

どのように等級の申請をするのか

後遺障害認定のためにはまず医師による後遺障害診断書を書いてもらう必要があります。これは医師が気を利かせて用意してくれるというものではなく、自分から診断書の作成を依頼しなければいけないものです。そのため、自分で後遺障害診断書のフォーマットをネットなどからダウンロードして医師のもとにもっていかなければなりません。診断書を記入してもらうタイミングとしては、基本的には事故後の症状が固定することなので、治療の真っ最中に書いてもらうことは少ないかもしれません。

ただし、医師の考えによってもさまざまなので気になったタイミングで相談してみてもよいでしょう。後遺障害診断書を作成したのちに自賠責保険会社に対して自賠責保険金の請求を行うのですが、この時に自賠責保険会社は内容を確認したうえで損害保険率算出機構に必要書類を提出します。

損害保険率算出機構は受け取った書類を審査して,調査結果を自賠責保険会社に通達、その後審査結果を受けて自賠責保険会社が後遺障害等級の等級認定を行います。この手続きを自分で行うことはやろうと思えば可能ですが、必要とされる書類を不備なくそろえることは大変難しく弁護士に相談して委託するほうが確実といえるでしょう。